危険なスライディングが認められない

今年の日本の野球界もルールに悩ませられる事になると思われている。
それが併殺崩れで危険なスライディングを禁止をする事になったと言う。

これはよく守備で絞殺してアウトカウントを減らしたり得点につながる事をしますがこの様な事で危険となる。
特に野手の人はこれにぶつかると気を失ったり大けがをする事もあると言う。

たんかに運ばれる選手もいるので華やかなプレーには危険もあると言う事になる。
こうした事を防止する事でアメリカと同じようにした。

この様なルールを今年から禁止をする事になったと言うがどこが変更になるのかと言う。
対象となるのが二塁手と遊撃手が対象となる。

審判が危険なプレーと判断した時には一塁走者だけではなくバッターもアウトになる事もあると言う。
こうした判断がアウトカウントを増やすのかどうなのか審判に託すことになる。

これはアマチュア野球でも適用はすると言うが既にアメリカ大リーグではこの様なプレーを禁止をしている。
効果が出たのかどうなのかは別として結構こうしたプレーが多くがあった事は危険との隣りあわせだと言う事になる。

大リーグはリプレー検証をしていると言う事で対策はしていると言うがこれからこのような禁止をする日本も設置する事もなる。
ここからどう防止策に入るのか真剣になると思っているのです。