注目の昇格が出来るのかどうなのか

だいぶ前のことですが、JFL昇格を話し合う理事会が行われたそうです。
11月に行われた地域チャンピオンシップ決勝リーグ最終決戦で上位2チームが昇格を決めたと言う。

FC今治とヴィアティン三重が昇格内定となったが明日の審査で正式に昇格が決まると言う事になる。
既にFC今治はJリーグ百年構想クラブには加入している事で今後は観客動員数などJリーグ加入へ向けて新たな挑戦が始まる。

そして、三重も同じように始まると言うがここは専用のスタジアムなどいろんな問題を抱えながら昇格を目指す事になる。
一番注目はしているのが今治だと思われている。

ここは元日本代表監督の岡田さんがオーナーとなってここまでチームを作り上げた。
今年も地域リーグは断トツだった事でもあったが地域チャンピオンシップ決勝リーグ第一予選は苦戦をした。

同じように戦ってきた三重も同じリーグの鈴鹿や刈谷など成績は好ましくはなかったが今年の全国社会人サッカー大会では第三位になった事でここに出場した。
地域チャンピオンシップグループ予選でもトップで決勝リーグへ進んで三重ダービーを制して昇格は決めたと言う。

三重県にとっては久々に全国で戦えるので注目だと思っているかも知れない。
明日の審査がどうなるのか注目が集まっていると言う。

北は青森県から南は宮崎県まで社会チームや大学生チームもあるので注目だと思っているのです。