こんな事があったのかどうなのか

もうだいぶ経ちますが、福岡県博多駅前で起きた事故はちょっと考えさせられた。

道路の陥没事故があってかなりの被害が大きかったと言う。
この事故があったのは夜明け前なのでこうした事が車や人が巻き込まれなかった。

時間が経ってから残りも崩れたと言う事で動画を送った人もいたと言う。

ここは現在ですが地下鉄の延長工事をしている事でこの様な事故があったと思われている。
ビルなどビジネス街として栄えていたと言うがこの事故で休業もした所があった。

この様にして大きな陥没事故はあったと言う事になるが陥没事故の前に前兆があると思っていた。
実はそのような亀裂があったと言うが誰も気が付かなかったと思われている。

この様な事故が起きると止めるはずだと思われたかも知れないと言う。
気が付かないまま事故が起きたと言う事になる。

ただ保証金などは受け取らない所が多く道の修理に利用してほしいと言う事になった。
この様にしていますがこの様な場所で事故が起きていた事は改めて怖いと感じたかも知れない。

これは工事のミスと言う事で謝罪までしたので早かったと思っている所もあると言う事になる言う。
判断が早かった事で市民も納得があったかも知れないと言う事になると思っている所もある。

時間がかかると思われますがまずは安全だと思っているのが一番だと思っているのです。